当スクールの特徴

◎ ネイティブレベルの「発音」「リズム」を追求

​( & 指導方針 )

 当スクールでは、「発音」「リズム」が、英語の重要な要素であると考え、最も指導に力を入れています。

 なぜならば、「"音"が言語を生む」のであり、見たり書いたり、文法を理解したりするのは二次的なものだからです。

 

 英語は日本語とは根本的に「音」の生成の仕方が異なります。その音を理解しなければ、「正しく」発話したり、「正しく」聞き取ったりすることはできないのです。

 逆に言えば、その音を理解しさえすれば、英語を扱うことは難しくありません。

 しかし、残念ながら、学校や多くの英語教育機関は、この点の教育が不十分だったり、正確に指導できるナレッジや意識を持っていません。例えば、「フォニックス」では、スペリングルールは分かっても、英語の根本的な音の理解はできません。英語の音を理解するには、1つ1つの音を正確に把握し、「実際に口・舌・喉を動かす」ことで音を体得する必要があります。

 また、英語の音とは、1つ1つの音が独立して存在しているものでもありません。1つ1つの音を発声できるようになった後は、1単語、そしてその後は短いセンテンス(1文)を「まるごと1つの"音"」として捉えていきます。1文になると、消えたり繋がったりする単語が生じてきます。そうしたものを理解するというよりは、そういうものなんだと「カタマリの音」として認識し、自然と体得してもらうように指導をします。

 

 

 これを指導するには、高いスキルが必要(正しい口の動かし方や音の出し方を正確に理解し、それらを分かりやすく説明したり、生徒の発する音の違いを細かく聞き分けたりすることが必須)です。さらには、指導に忍耐と熱意が不可欠です。それらがなければ、中途半端な指導に終始し、発音を体得することができないからです。

 当スクールでは一貫して、この発音指導を続けてきました。その成果は顕著であると自負しており、通塾していただいているお子様は、"聞けば明らかに違いが分かる"綺麗な発音をしています。ネイティブレベルの発音が身についているお子様も多数いらっしゃいます。

 この点こそが当スクールの「誇り」となっています!そして、この点こそが、他のスクールとは一線を画し、当スクールに通塾いいただく一番の価値だと考えております。

 子どもは、想像以上に敏感で、こうした音の違いにしっかりと気が付いています。うまく発音できていないことはやってみればすぐに分かります。逆に、うまく発音できた時の「綺麗な音」も十分理解できているのです。

 

 発音ができればどうなるでしょうか? それは、真の意味で、英語への「自信」がつくということです!

 綺麗な音を出すことができれば、臆せず自信を持って、英語を話すことができます。さらに、Speakingができるということは、Listeningがしっかりとできるわけですから、ネイティブの英語を理解することができ、英語がますます楽しくなるのです。

 当スクールでは、このように、「発音」や「リズム」に最も比重を置いて指導をしてまいります。

 文法を詰め込んだり、文章を暗記させれば、"見かけ上"は、英語が話せるようにみえます。しかし、それでは意味はありません。文法はいずれ中学校で学ぶわけであり、遅かれ早かれ身につきます。

 また、英会話に"完璧"な文法は不要です。文法ができても英語が話せない人が日本には溢れかえっているくらいです。

 もちろん、文を作るルールとして文法の理解は大切ですが、当スクールでは、それをする前に、英語の「発音」や「リズム」、それから、文法とは離れた「実際によく使うフレーズ」(これらは文法の世界からは独立しています)にフォーカスし、「英語を"実際に"話せる」ところまで持っていくよう指導します。

 これらをある程度クリアしてきた段階で、文法の指導に入っていきます。この段階で、文法を含めた総合的な学習をバランスよく進めていくことになります。

 こちら、発音・リズムの指導や、当スクールの指導方針につきまして、ご質問ありましたらお気軽にお問い合わせください!

◎ 創意工夫された&柔軟なカリキュラム・授業

 当スクールのカリキュラム・授業は、創意工夫に満ちています。

 子どもの「やる気」を引き出すための授業、子どもを飽きさせない、楽しい授業をするために、歌や踊り、カードを使ったゲーム、身体を動かすゲームなど、様々な形態のレッスンを取り入れています。

 また、「お勉強」としての"死んだ"英語ではなく、実際に使う「実学」としての"生きた"英語を指導することをモットーに、講師とのインタラクティブな会話を中心にして、授業が構成されています。

 また、英検指導もしています。

 2018年度には、小学6年生で4級、中学2年生で準2級合格者が出ました!

 こうした指導やカリキュラムについては、生徒の習熟度や、何より英語へのモチベーションや「意識」によって、柔軟に対応・変更していきます。

 基本的に、小学生のクラスで宿題を課すことはありませんが(イベントに備えて自学を促したりします)、家庭学習がしたくてプリントを希望する小学3年生もいます。やれること、やるべきことは無限にあるわけで、そうしたお子様には、課題を与えていったりします。

◎ 半期〜4半期に一度の三者面談・メンタリング

 当スクールでは、講師およびスクールマネージャーと、スクール生徒および保護者の方とで、3~6ヶ月に一度、面談を実施しています。

 面談では、ListeningやPronunciationなど、各英語スキルの項目評価や目標設定を記した「アセスメント・シート」をもとにして、講師がスクール生徒の学習・習熟状況のレポートを行います。

 

 また、スクール生徒や保護者の方からのご質問やご相談にお応えしながら、講師とスクール生徒や保護者の方とのコミュニケーション・相互理解を図っています。

◎ 1人1人に合った、少人数制クラス

 当スクールでは、1人1人に最適なクラスをご案内しています。

 

 第一に、少人数制クラスを徹底しています。クラス人数を最大6名と定め、講師が1人1人の顔を見て指導ができるよう心がけています。

 

 第二に、「スクール全体でクラスの最適化」を行なっています。現状のスクール人数や、学年・年齢、レベルのバラツキ、個々の生徒の特性やスケジュールなどをできる限り考慮し、スクール全体として、最適なクラス設定(レベル・人数・生徒の組み合わせなど)ができるように取り組んでいます。

 

 クラスにお悩みの方は、スクールマネージャーにご相談していただくことで、可能な限り調整をさせていただきます。

◎ 「世界」を感じるイベント

 当スクールでは、「ハロウィン・パーティー」や「クリスマス・パーティー」といった、欧米ならではのイベントはもちろんのこと、アメリカで大人気の「スペリング・ビー大会」などのイベントも開催しています。

 

 2017年には、当スクール初めてのスペリング・ビー大会を、ローズマリー公園シアターで開催させていただき、その様子が房日新聞の一面紙にカラー掲載されました!

 

 今後は、2度目となるスペリング・ビー大会に加えて、音楽コンサートや、スピーチコンテストを開催する予定です。

◎ 類い稀な学習環境

 当スクールは、南房総市丸山運動広場、リバプールFCクラブハウスの中にあります。目の前には綺麗な芝生のサッカーグランドが広がり、イギリスの超有名サッカーチーム、リバプールFCのお洒落なクラブハウスの中で英会話授業を受けることができるのです!

 単なる英会話教室とはひと味違います。スクールに来るたびに、日常とは異なる雰囲気・環境が待っており、スクール生徒のモチベーションは一気に高まることになります。

 

​ 将来、「ここで学んだ!」という「忘れようのない体験」ができるとともに、その体験は大きな自信にもなるはずです!

  • Facebook Social Icon

Contact Us

Address

© Copyright 2016 by 

English Field School

千葉県南房総市岩糸2530 丸山運動広場

LFC サッカースクール クラブハウス